自賠責保険は、強制保険であるため加入はバイク購入者の義務です。

    
     


自賠責保険というのは、強制保険です。
万が一事故して被害者がケガを負った場合や被害者がケガでなくなってしまった場合に支払われる保険です。

 

単純なケガの場合の限度額は120万円までと決まっており、
亡くなった場合には限度額は3000万円までと決まっています。

 

これに加えて、ケガに関しては後遺障害に関する等級認定の支払いも含まれます。

 

等級認定が認められた場合には通常の支払いよりも大きな金額を支払ってもらえる可能性があるため、
その申請を行う必要があります。

 

バイクの自賠責保険に関しては、バイクの排気量によって区分がされていますので、
自分の所有するバイクに該当するものを選択して保険料を納める必要があります。

 

当たり前のことなんだけど、ちゃんと保険料を払わないとダメです。

 

この自賠責保険というのは、自動的に更新されるわけではなく、
自分で管理する必要あるため更新忘れに注意です。

 

250CC以下のバイクの場合は1年あたりの保険料で、

だいたい8000円から9000円程度は必要になります。

まぁ、決して高いというわけではないです。

 

保険期間が長くなるほど、支払う必要がある保険料は安くなる傾向にあります。

これから更新する人や新規に自賠責保険を入ろうと考えていたら、その点は確認しておくことが大切です。
もっと細かな情報が欲しいならバイクの自賠責保険を参考にすると良いでしょう。

 

保険期間が切れると当然必要な補償を受けることができないため注意が必要です。

自賠責保険はどうやって入るのが正解!?

自賠責保険は、基本的にインターネットやコンビニを利用することで加入することが可能です。
この自賠責保険という保険は強制加入であるため、法律的な加入義務が存在します。

 

では、どの会社の保険に入るのかですが、これに関しては本人の自由です。
きちんと申請に必要になる準備をしておくことが求められます。

 

コンビニで加入を考えている人は、
設置されているマルチコピー機を利用して申込を行います。

これは24時間365日利用できますので便利です。

 

申請を行うと証明書を受け取ることができますので、これを保管しておきましょう。

 

インターネットで申請をする場合には予約申請を行うことを前提として取引を行います。

 

店舗に行って全ての手続きを行うのが面倒だと感じる人は、予約するって方法もあります。
こうした方法で予約をしておくことで、コンビニにいったときに余計な時間を使わずに済むのでオススメです。

 

保険料の支払いに関しては別途きちんと手続きを行って支払うことになりますので、
自賠責保険加入に必要なものを準備しておくことが大切です。

 

PAGE TOP